2012年08月27日

1956chevy バンパ−着きました

P8270028.JPGP8270026.JPG
やっとバンパ−が着いただけですが、着着と車になってきました。
これからインナ−フェインダ−とファイア−ウォ−ルです。
またバラバラになってしまいます。
posted by ksbody at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミッション インポッシブル

P8270022.JPGP8270023.JPGP8270024.JPGP8270025.JPG
物理的に不可能では?と思ってしまうほど厳しい内容になってきた。
もともとかなり低いエアサス設定がしてあったのですが
エアサス再設定でやく80mm、ボディドロップで80mm
22インチ履きのドア0まで到達しましたが、ボディが落ちた結果フロント足回りの起動の関係で
ドアにタイアが滑り込まなくなった・・・・・まずい

いまさらだが、コノ車恐ろしくフロント軸重が重い、軽いとは思ってなかったが
59キャデより重いとは,貸そう物を全部つけてエアバッグがmax hight上げられるのだろうか?
まだまだ問題山積み
頑張るしかないな!
posted by ksbody at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

1956chevy フロントバンパ−


P8060001.JPGP8060006.JPGP8060004.JPG
フロントエンドの箱が決定したのでフロントバンパ−やってみます。
あまりカスタムする気はないのですが、
メニュ−は若干タイトフィット、スリ−ピ−スのワンピ−ス化、トリムボルトレス・・・カスタムしてるか?
今日はとりあえず穴埋めです。
実はかなり難しい、板金屋泣かせのノンプラスチック
アメリカ人はかなりラフにやってる感じなんですが、メッキ屋が後処理をしてくれるからだとと思います
日本のメッキ屋さんで、カッパ−で面出ししてくれる人はほとんどいませんから、(モリタさんを除いて)
この時点でかなりの精度をださなくてはなりません。
フルスティ−ルで考えると、溶接、打撃、削りだけで溶接痕跡を消して面を出さなければなりません
がんばってもいつも巣穴が残ってしまいます、困ったもんだ。



posted by ksbody at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。